上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

昨日のニュース6


スポンサーリンク

老人ホームに女性遺体、大阪 入居男性が殺害後自殺か:東京新聞 TOKYO Web

まだはっきりとはしていないようですが、おそらく、70代男性利用者が、60代女性職員をハンマーで害したあと、居室に戻り、脚立をベランダに置き、それに上って手摺りを乗り越え、自刎した…ようです。

今回のケースは珍しいです。職員が利用者さんを…みたいな事件はよく聞きますし、利用者さんが利用者さんを…みたいな事件も稀に耳にします。

推測ですが、今回の容疑者である男性は自立した生活を送っていて、責任能力もあると思われます。つまり、感情のぶつかり合い、何らかの恨みを、動機と考えるのが自然です。残念な事件です。幸せとは言えないまでも、不可もなく生き、土に還る…誰にでも、そんなふうに生きられる可能性はあると思うのですが…

大阪狭山市のスーパーに車が突っ込む 1人死亡、2人重傷 | 毎日新聞

これもまた、老人の問題。これもまた、難しい問題。老人とはいえ、運転が巧い人は若者より巧いし、やばい人はマジくそ下手くそです。個人的には、若かった頃より、遥かに、反応は悪くなっています。夜の運転では、かなり気を遣っています。

おそらく、運転の技能には個人差がかなりありますし、生活に必要な場合もありますので、規制するのは難しいでしょう。この問題は、車の装備に解決してもらうしかありません。ヒューマン・エラーを限りなくZEROにするような車を開発するしか、交通事故をなくす手立てはないのです。

北海道日本ハムファイターズの戦略は他球団を圧倒しています。新庄監督の抜擢も、鮮やかでした。派手で、何かと話題になる新庄監督には、嫉妬やら反感やらが向けられることも多いでしょうが、ファンは喜ぶし、メリットは計り知れないものがあります。あとは、監督としてどうか。選手時代に輝いていても、監督として成功できるわけではありません。ただ、新庄監督が成功したら、間違いなく球界は潤います。大谷選手の活躍を見ていて思ったのですが、偉大な成功は人を幸せな気持ちにさせてくれます。優れた技量を目の当たりにできるのは、とても素晴らしいことです。

この問題、前からありましたし、頭の片隅にありました。多くの方も、知っていたと思います。TVでも、取り上げられていました。明らかにおかしいことでさえ、変えるには膨大な時間がかかることを改めて思い知りました。

世論は特権や階層、既得権益に敏感です。いつの時代であれ、そこに斬り込むことのできる人が、人気を博すのかもしれません。