上空でクロール

映画の私的感想ブログ

『バルカン超特急』1938年英国 / アルフレッド・ヒッチコック

What's it about ?

欧州の小国パンドリカで、雪崩のため、汽車が運休となる。復旧するのは明朝。

足止めをくらった観光客はホテルに押し寄せる。

ホテル側はメイドの部屋も客に提供して対応。支配人大活躍である。


この喜劇的なシークエンスで、登場人物の特徴が親切に紹介される。ここ、けっこう重要で、ここでの人物描写があるから、のちのちの“虚偽”が生きてくる。


CAST

アイリス
(マーガレット・ロックウッド)


ギルバート
(マイケル・レッドグレイヴ)


ハーツ医師
(ポール・ルーカス)


ミス・フロイ
(メイ・ウィッティ)


翌朝、いきなりだけど、出発前のホームである事件が起こる。それで誰が狙われているか、我々観客にはわかる。


さあ、本番はここからだ!


汽車の中で、裕福なアイリス嬢は英国婦人フロイと向かい合って座った。一旦、二人は食堂車に行き、戻ってきてまた、向かい合って座る。そして、アイリスはしばし眠った。目覚めたら、ミス・フロイはいなくなっていた。

周りの乗客・給仕は、そもそも婦人などいなかったと言う。とても有名な場面だ。ほかの乗客も、知らないと答える。

とはいえ、全員がグルではない。ある者は面倒に巻き込まれたくなくて、とぼけている。またある者は、列車が止められるのを恐れて、嘘をついている。アイリスは、ミス・フロイの存在はあなたの幻覚ではないかと、乗り合わせていたハーツ医師に言われる。


だが、もちろん、ミス・フロイは実在する。幻覚ではない。婦人を見たという証言も得られる。ちょうどそのタイミングで、婦人が席に戻ってきたことを、知らされる。アイリスは席に戻る。だがそこには見知らぬ婦人客が…





サスペンスということで、当然、情報は小出しなため、否が応にも集中して視聴することになる。乗客は一癖も二癖もあり、イライラさせられるところもあるが、探偵役二名(アイリス&ギルバート)には好感が持てた。


f:id:kaigodays:20191115182742j:plain



終盤に至るまでの流れは圧巻で、喝采のラストに向かって、汽車は飛ぶように走ってゆく。

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』1984年アメリカ・西ドイツ / 監督 ジム・ジャームッシュ

What's it about ?

1シーン1ショットで撮影されたのは有名な話。無為な日々を観ていて退屈にならない稀有な作品である。評価が高いのはセンスもさることながら、色々なピースがタイミングよくぴったりはまった結果ではないだろうか(予想)。モノクロだが、難しく考える必要はなく、肩の力を抜いて観ても、じゅうぶん楽しめる。


f:id:kaigodays:20191115181158j:plain


CAST

ウィリー
ハンガリー出身の青年
(ジョン・ルーリー / ミュージシャンで、本作品の音楽も担当)


エヴァ
ウィリーのいとこ
(エスター・バリント)


エディ
ウィリーの相棒
(リチャード・エドソン / ソニック・ユースの元ドラム)


f:id:kaigodays:20191115181217j:plain


PROCESS

3つの章に分かれている。

1.The New World

ニューヨークのウィリーのもとに、いとこのエヴァがやってくる。

エディも加わる。

やがて、エヴァクリーブランドの叔母の家へ。


2.One Year Later

ウィリーとエディはエヴァに会いにクリーブランドへ。

ウィリーは雪にうんざりする。

2人はエヴァを連れてフロリダに旅立つ。


3.Paradise

フロリダ。

ウィリーとエディはギャンブルで負ける。

エヴァは大金を手に入れる。

ラストは喜劇的に(?)幕を閉じる。



『きっと、うまくいく』2009年インド / ラージクマール・ヒラーニ

登場人物

ランチョー
ICE(名門工科大学)の学生、天才
(アーミル・カーン)

ファルハーン
ICE学生、庶民の出、劣等生
(R・マドハヴァン)

ラージュー
ICE学生、苦学生、劣等生
(シャルマン・ジョーシー)



本作品は、上記3名による青春コメディ。これは、観てよかったです。長い映画なので、観るのをためらっていたんですが、視聴後、もっと早く観ておけばよかったと後悔しました。


冒頭から、スラップスティックです。

かけあいは小気味良く、ユーモラス。展開は早く、淀みなく転がっていく。

基本コメディだけど、たまにしんみりとしたエピソードが入ります。貧富についてはしっかり描かれていて、カーストについてはさりげなく触れられています。

ITとカーストは現代インドを特徴づける重要なファクター。笑いでは済まされない部分も、押さえてあります。

インド映画には全然詳しくないので、なんでいきなりミュージカルが始まるのかは、よくわかりません(笑)

誤解を恐れずに言えば、アニメっぽい表現方法に思えたりするんですが、これはインド映画の伝統なんですよね…とにかく…


本作品はコメディなので、インドの歌と踊りが突然始まっても、そんなに違和感なく、観ることができます。

映像のクオリティは高く、演出は案外スタイリッシュで、インド音楽や効果音の使い方が面白い。内容も間違いありません。わかりやすく言うと、学園コメディです。


ランチョー、ファルハーン、ラージューは仲間で、いつもつるんでいる。個性的な学生だが、心根の優しい、いい奴らだ。

彼らの対立相手が、いやーな学生チャルトゥルと、ICEの学長。

チャルトゥルは敵というより、彼らにバカにされ続けるかわいそうな役回りで、憎めない奴だ。

学長はなかなかの難敵で、ランチョーらは最後まで悩まされる。“トムとジェリー”のトムみたいな存在だ。意外にダンスがうまい。

ミュージカルに関して言うと、すごく凝ってるなと感心しました。撮影も大変だろうけど、役者さんもパワフルだな、と。


この映画、確かに面白いです! 雑なイメージがありましたが、全然そんなことはなかったです。当たりでした!これはいい!



こういう映画、また観たいなぁ…

『バニー・レークは行方不明』1966年英国 / 監督 オットー・プレミンジャー / 撮影 デニス・クープ

タイトル通り、バニーという園児が行方不明になる。モノクロ映画。


登場人物

アン・レーク
バニー(四歳)の母親
(キャロル・リンレイ)

ティーヴン
アンの兄
(キア・デュリア)

ニューハウス警視
捜査責任者
(ローレンス・オリヴィエ)



保育園初登園の日にバニーがいなくなる。母親のアンが迎えに行くと、どこにもいないのだ。もちろん、アンは娘を捜し回る。

が、どうにもならないので、兄のスティーヴンを呼ぶ。兄妹で捜索するが、やはり見つからない。スティーヴンは警察を呼ぶ。


ニューハウス警視の登場である。


警視はアンと一緒にバニーの行動を推理する。迷子ならすぐに見つかる、彼はそう考えるが、警察が大々的な捜索を行っても、見つけ出すことができない。そんな折。


アンの家で異変が起きる。


バニーの荷物が持ち去られたのだ。

貴重品は盗まれていない。


警視は疑念を抱く。バニーの持ち物なんて、もともとなかったのではないか、と。可能性の一つとして、そう考える。

果たして、真実の行方は?





全編、異様で、不穏な空気に包まれている。モノクローム、カメラ・ワーク、カット割り、音楽が、作品の雰囲気を盛り上げる。


終盤は思わず、見入った。
助けてあげてー、と祈った。

ぼくにとっては、完全にホラーだった。

こいつはホラーだ…


視聴後、ヒッチコック作品を観たくなった。うろ覚えなので、ちょうどいい。

『ブレックファスト・クラブ』1985年アメリカ / 監督 ジョン・ヒューズ / エミリオ・エステベス

『ブレックファスト・クラブ』は、補習にきた生徒5人が感情を剥き出しにしてぶつかりあう映画。


登場人物

アンドリュー
スポーツ馬鹿
(エミリオ・エステベス)

クレア
お姫様
(モリー・リングウォルド)

ブライアン
ガリ
(アンソニー・マイケル・ホール)

ジョン・ベンダー
不良
(ジャド・ネルソン)

アリソン
ネクラ女
(アリー・シーディ)

ヴァーノン
上記5名に補習を受けさせる教師
(ポール・グリーソン)



80年代には青春映画が流行った。


80年代の青春映画で人気を得た若手たちは一括りにして、ブラッド・パックと呼ばれた。筆頭はエミリオ・エステベスか。

本作品もヒットしたが、派手さはない。ほぼ密室の会話劇だ。

不良が中心となり、他の四人を刺激する。

彼らのやりとり・対立によって、関係性が見えてくる。つまり、誰がどの“階層”に属しているか、把握することができる。

五人は仲間ではない。スクール・カーストの上から下まで、全て揃っている。

Wikipediaによると、本作品によって、スクール・カーストの存在が明らかになったそうだ。


話を元に戻そう。


不良は粘着質で、陰湿だ。ガリ勉とお姫様の神経を逆撫でするようなことを口にして楽しんでいる。中心にいるのは、エステベス演じるスポーツ馬鹿ではなく、ジャド・ネルソン演じる不良である。だが他の四人も、変人と言って差し支えはない。


五人の特色はランチにも表れる。お姫様は寿司弁当を持参。ネタは生魚だ(笑)醤油と箸を使って食べる。スポーツマンはランチ大量。ネクラ女は食べ方が明らかにおかしい。品がない。ガリ勉は少食だ。

不良はランチを持ってきていない。突飛なことをして、教師がきれる。この教師、怒ってばかりで、面白味もないし、生徒と打ち解けることもない。歩み寄りもない。殺伐とした学園ドラマである。


五人の生徒はハッパを吸ってハイになり、感情をぶつけあい、自分をさらけ出す。みんな、それぞれ尖っているので、口を開けば衝突する。彼らの悩みは高校生にありがちなものだから、多くの人に受け入れられたのだろう。青春のひりひりした部分を炙り出した作品だが、ラストは甘さが勝る。目覚めのコーヒーに砂糖はいらない。