上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

老害

ある先生の動画をYouTubeで見ていて、確信したことがある。

 

老害差別用語

 

ということだ。

 

老害という言葉には、ずいぶん前から違和感があった。老いた役立たずか、圧を加えてくる老人を指す言葉だろうが、悪口であることに違いはない。

 

老害という言葉を好んで使う人は、老人全般に向けて言っているわけではないと言うかもしれない。しかし、問題はそこではない。

 

加齢という逃れられない運命の帰結が老化であり、老人になるということである。その個人ではどうにもならないこと、変えられないことを悪く言うことが、差別なのである。

 

ある先生は人種差別や性差別と同じ構造だとおっしゃっていた。

 

確かに、その通り。

コストの問題?

元総理の国葬儀に関しては、お金がかかるからやめてほしかったとか、そういうことを言いたいわけでない。手続きや、某団体との関わりが気になって、賛成することができないだけだ。お亡くなりになった方を悪く言う気はない。

 

 

今後、基準を設けてくれ。

いずれにせよ、今のはダメだ。