上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『インディ・ジョーンズ/クリスタル・スカルの王国』


スポンサーリンク

Indiana Jones and the Kingdom of the Crystal Skull

ハリソン・フォード

演じる考古学者インディアナ・ジョーンズが、スターリン政権下のソ連軍兵士どもと、お宝争奪戦を繰り広げるアドベンチャー・コメディ

 

シリーズ第4作

 

子供心があれば、楽しめる映画かもしれない。そもそも、本シリーズはそういう作品だと思うのだ。記憶が正しければ、ぼくは『レイダース』を子供の頃にTVで観た。そのときは身震いするほどワクワクして感激したものだが、高校生になってレンタルして観たら、そんなに……だった。

 

時代背景も関係している。

 

『レイダース』の頃、世界はまだ広く、ジャングルには冒険と謎が満ち溢れていた。アマゾン川では、探検隊の冒険が収録され、お茶の間に届けられた。心霊番組は隆盛を極め、霊能力者が次から次へと現れた。インターネットもなかったし、テスラも存在していなかった。

 

要するに、時代は変わったわけだが、そんな中にあって、古代文明と空想的宇宙観を結びつけて冒険譚を編むのは、ひじょうに難しかっただろう。ぼくには、クリスタル・スカルの存在意義を見出すことさえできなかった。

 

シーン1つ1つは決して悪くないのだ。いささかスリルに欠けるが、インディ・ジョーンズ的と言えばそうだし、映像のクオリティも高いし、話もさくさく進んでいく。滑稽で、ご都合主義的で、あり得ない展開は本シリーズの持ち味だから、責められる点ではないだろう。

 

きっと、問題はぼくにあるのだ。

 

子供の頃に観たら、もっと楽しめたはずだ。

 

人喰い蟻のシーンなんか、どちらかと言えば好物である。

 

でもぼくは色々なものを観すぎた。刺激物を摂りすぎた。もっと、こう、刺すようなものを、脳を揺るがせてくれるようなものを…

 

 

 

 

あ!

 

驚きだ!

 

 

『クリスタル・スカル』にはそれがない