上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

東京五輪観戦記⑤


スポンサーリンク

柔道

柔道でメダルが獲れると、日本人として、やっぱり嬉しいものです!

 

都知事も喜んでおられます。

 

 

近頃、SNSのパワーがすごいことになっています。一つ流れができてしまうと、とんでもない攻撃力を発揮します。世論の圧はバカにできなくて、実際、政府のいくつかの決定にかなり影響を与えたと思われます。もちろん、今回の五輪にもそれは当てはまります。

 

時代は更に速度を増していくわけですが、それと比例するようにして、人々の感情のやり取りは激しさを増していくのでは?

 

 

水泳

名のある選手が予選落ち。決勝に余力を残すための泳ぎをしたことが、仇となりました。難しいものです。うまくいかないときは、歯車が噛み合いません。高みに昇れば昇るほど、落下するときにスピードがつきます。せめて次の種目では、力を出しきってもらいたいです。

 

 

 

苦情

東京五輪への批判・非難はしばらく続くと思われます。

 

 

外国人記者はそれしか食べられないのでしょうか。だとしたら、強く、同情します。日本におけるそういった施設の料理は味も値段も二の次ですが、海外では違うのでしょう。美食家も唸るような料理が出てくるに違いありません。

 

 

東京の気候への不満も出ているようです。我々国民でさえ、最近の異常気象には辟易としています。試合の時間を変えてほしいという選手からの訴えは、当たり前のことかもしれません。東京より暑くなりそうな北海道でのマラソンは、どうなるんでしょう。ほんと、裏目裏目に行く大会です。

 

f:id:kaigodays:20210725072339j:image

 

 

世界には、いい奴もいれば、合わない奴もいる。人を判断する基準は人柄や行いであるべきで、人種や国ではありません。正直言って、我々アジア人は差別される側ですし、人種問題は他人事ではないでしょう。なくなることはありませんが、言い続けること、態度を示し続けることはとても大切です。

 

 

メダルに届け!

ある元アスリートが、メダルを獲得して人生が変わったというような発言をされていました。メダルにはそういう力もあるようです。テコンドー女子の山田選手、水泳の池江選手は残念でしたが、女子ソフトボールに期待です!