上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ロスト・マネー 偽りの報酬』


スポンサーリンク

Widows

 映画の舞台となるのは、シカゴ

 

リーアム・ニーソンヴィオラ・デイヴィスによる濃ゆいキス・シーンから始まる。

 

彼らは夫婦(役)だ。

 

ヴェロニカヴィオラ・デイヴィス)は堅気だけれど、ハリー(ニーソン)はやばい仕事をして生きてきた。30年間、一度も失敗がない。 凄腕の強盗である。

 

だが、今回のヤマはうまくいかなかった。チームで、200万ドルを強奪するものの、警察に追い詰められて、あえなく全滅。彼らの車は爆発し、200万ドルも消える。葬儀には、それぞれの家族が参列して、故人たち(強盗ども)を偲ぶ。ヴェロニカも、深く悲しむ。

 

街では、市議会議員の選挙が行われようとしていた。候補者は2名。政治家一家の三世マリガンとギャングのジャマールだ。ジャマールは楽して稼ぐために、政治家になろうとしていた。ハリーの盗んだ200万ドルは、ジャマールの政治資金である。

 

ジャマールはヴェロニカを訪れ、200万ドルの返済を迫る。ハリーが財産を遺していたとはいえ、けっこうな大金だ。動産・不動産を売却して、どうにかなるだろうか。期限内に返すことができなければ、ひどいことになる。

 

追い詰められたヴェロニカは、ハリーと行動して亡くなった仲間の妻に会う。

 

亡夫の借金のせいで店を失ったリンダミシェル・ロドリゲス)と、夫とともに収入を失って春を売ることにしたアリスエリザベス・デビッキ)だ。

 

ヴェロニカはジャマールに狙われていることを打ち明け、彼女らも危険だと告げる。助かるには、200万ドルを返済するしかない。返すには、ハリーの遺した次なる計画、500万ドル強奪計画を自分たちの手で成功させなければならない。成功させてジャマールに金を渡し、残りは山分けする。

 

彼女らに選択肢はなかった。

 

何のスキルもなく、絶望的な未来…

 

うまくいくかどうかは、次第か。

 

 監督はスティーヴ・マックイーン