上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『狼たちの報酬』


スポンサーリンク

The Air I Breathe

オムニバス形式の映画。

主人公同士にはつながりがある。

主人公たちは本名を名乗らない。


ネタバレしたらつまらないので、興味がある方はこの先をスルーして映画を観てください!!


では、1人目の主人公。

証券マン(フォレスト・ウィテカー

男は幸せになるために勉強を重ね、証券マンになったものの、職場では若造どもに笑われ、帰宅しても独りでTVを見るだけという、味気ない、何もない生活を送っていた。


そんな彼にもチャンスが訪れる。一発逆転のチャンス。トイレで個室に入っていたとき、偶然、競馬の八百長の情報を耳にする。勝つ馬が決まっているのだから、あとは現ナマを張るだけである。簡単な話だ。足し算より明快だ。わかりやすい。


はずだった。


まさか、馬がこけるとは…

しかも尚悪いことに、彼は非合法な賭場で賭けていて、多額の借金を背負うことになった。返さなかったら、命はない。期限は二週間。


冷静になって金策すれば…というタイプではない。追い詰められ、パニックになっている。彼の目には銀行しか映っていない。素人丸出しの計画、やぶれかぶれの犯行。マスクさえ、つけていない。結局、警察に追い詰められる。彼のとった行動は?


ギャングの手下(ブレンダン・フレイザー

証券マンの暗い未来を知っていた者、それがギャングの手下にいた。彼には人の未来が見える。見えるだけだ。見えても、変えることはできなかった。子供の頃からそうだった。


だが、ボスの出来損ないの甥が、彼の予知を裏切った。

つまり彼の見た未来を、甥が覆したのだ。


彼は気がつく。

人の運命を変えることができる、と。


彼の人生はここから変わる!


アイドル(サラ・ミシェル・ゲラー

芸名トリスタ。手下が唯一、未来を見ることができない人間である。

そこそこ売れているようだが、マネージャーが借金のためにトリスタに関する権利の全てを、ボスに譲ったことで、状況は一変する。


ボスは金の取り立てだけではなく、トリスタを利用して芸能に手を出そうとしていた。トリスタから搾取するつもりだった。


トリスタは荒れるが、契約があるため、どうすることもできなかった。救いの手は意外なところから差し伸べられるのだが…


医師(ケヴィン・ベーコン

彼は親友の妻を助けるために、血を必要としていた。珍しい型の血液だ。病院内にはない。イムリミットは24時間。どうしようもない。どうにもならない。諦めかけたとき、TVでは、トリスタのインタビューが放映されていた。それでトリスタが、探し求める血液の持ち主ということを知る。彼は見ず知らずのアイドル・トリスタに会いに行く。もちろん、アポは取っていない。それで会わせてもらえるわけもなく…




おわりに

何気なく再生して視聴したので、オムニバスということにしばらく、20分ぐらい気がつかなかった。オムニバスを観たのは久しぶりで、頭の軽い体操になった。よくできた作品である。ビターだけれど、救いはある。


邦題については、何も言うまい!