上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ラブ・アゲイン』2011年アメリカ / 監督 グレン・フィカーラ&ジョン・レクア


スポンサーリンク

ラブ・アゲイン』は、ウィーバー夫婦の危機と、彼らに関わる人々の恋がドタバタと展開するコメディ映画。


出演
スティーヴ・カレル
ライアン・ゴズリング
ジュリアン・ムーア
エマ・ストーン
マリサ・トメイ
ケヴィン・ベーコン


ある日、突然、中年男キャル(スティーヴ・カレル)は、妻のエミリー(ジュリアン・ムーア)から離婚話を切り出される。勤務先の同僚(ケヴィン・ベーコン)と寝た、妻はハッキリそう言う。

キャルは当然ショックを受ける。ダメージはでかい。バーで酔っ払い、誰彼捕まえては、寝盗られたことを話す。つまみ出されるほどではないが、迷惑な酔客であることは間違いない。

見かねたナンパ師のジェイコブ(ライアン・ゴズリング)が、キャルを自分の席に呼ぶ。で、こんなことを言う。

“男らしさを失ったから、妻に捨てられたんだ。男らしさを取り戻して、捨てたことを後悔させてやろう”


会ってすぐそんなこと言うなんて…、と突っ込みたくなる気持ちはわかる。だが、これはコメディである。アメリカのコメディ映画だ。構成の跳躍力には定評がある。ともあれ…


後日、キャルはジェイコブのレクチャーを受ける。つまり、衣類、身だしなみ、話し方を矯正される。効果はすぐに現れる。

冴えない中年男キャルが、何とかナンパを成功させたのだ。美人をお持ち帰りして、彼は自信を得る。それが後々ちょっとした問題になるのだが、このときはわからない。堂々とふるまい、女子の目を惹くようになる。

キャルとエミリーの関係は二転三転するが、邦題が邦題だけに(原題は“CRAZY,STUPID,LOVE.”)、安心して観ていられる。夫婦も、ほかの登場人物も、素直で善良だ。卑怯なことなどしない。言動に引っかかるところもない。

計算高いというか、企みの深い作品で、ジェイコブの恋に関しては完全に騙された。中盤、やや失速するものの、なんとか持ち直す。下品な笑いもあるけれど、目くじらを立てるほどではないし、時おり顔を見せる淡い哀しみも、悪くない。