上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

イヤなやつ


スポンサーリンク

はじめに

イヤなやつって、いますよね。たぶん、ツキがないときに限って、目の上のたんこぶみたいなやつが、のさばっていたりするわけです。これはもう、どうしようもない。反対に、ついているときは、イヤなやつとも仲良くできます。大抵、イヤなやつが目障りな時は、ツキがないときです。ここは、つらくても、認めるしかありません。

対処法

これだってのは、なかなかないと思います。あれば、世の人々は悩まないでしょう。距離を置こうとしても、イヤなやつは平気な顔して、こちらの領域に踏み込んできます。姿を目にするのも、声を聞くのもイヤなのに、気に障ることを言ってきます。どうしようもない。イライラする。避けたくても避けられないし、怒っても空気を悪くするだけだし、一体、どうしたらいいんだ?って感じですよね。

一つの出口

武井壮さんが面白いことをおっしゃっていました。YouTubeの切り抜きで見たので、間違っているところがあるかもしれませんが、“苦手なやつは笑わせろ”と。私は普段、別に人間関係で悩んでいませんが、なるほどと思ったんです。その発想はありませんでした。敵と相対するときは、戦うか、シカトするか、という感じでした。はっきり言って、不毛でした。敵を笑わせる、という発想はなかった…

最終的には…

イヤという思いは相手に伝わります。でも笑わせようとすれば、ネガティヴな思いは伝わりません。和を以て貴しと為す、と昔の偉い人は言っていましたが、なるべくネガティヴな気持ちを伝えないで済むような接し方が、ひいては自分の立ち回り・幸福に役立つのではないかと思います。敵を笑わせ、敵の幸せを願う。


f:id:kaigodays:20210529211814p:plain


それができないほどツキがないときは、勇気を出して、遠慮なく、遠くへ逃げましょう!


逃げられるうちが華です。自分はもう、ここから逃れられません。逃れたくても、責任を果たしたい気持ちのほうが強いので、たぶん放り出すことはないでしょう。それは負担であり、幸せの源泉でもあります。それを守るために、敵を笑わせる。道化になって、生きていく。それはそれで、なかなかカッコいいな、と。