上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

オリンピックの足音


スポンサーリンク

チケット

近隣の小学校では、生徒にオリンピック・チケットの割引販売を始めたらしい。そんな話を家族から聞いて、やっぱりオリンピックやるんだなーと静かに思った。いや、単なる勘だけど。

世論

ワクチン接種が普及していて、開放的な世論になっていればよかったが、やっと接種が始まったばかりだ。感染者数の増減が世論に直結するので、今後もオリンピックに対する民意は不安定で不穏なまま推移していくことだろう。が…

開催して選手が活躍すれば、必ず、ひっくり返る。大谷フィーバーのように、沸く。きっと、そういことが起こる。間違いない。

個人的にひっかかるところ

現在、人流がどうのこうのと言って営業自粛を求めている。それと、オリンピック開催の整合性が取れているとは思えない。オリンピックは全国民にとって特別なものではない。好きではない人もいる。スポーツが好きな人もいれば、嫌いな人もいる。当然のことだ。

また、圧力で営業を自粛させる今のあり方は疑問である。まず、法整備。できないなら、諦めてほしい。コロナにも慣れ、物事を冷静に見られるようになってきた今、公権力の動静を注視すべきだ。一応、主権は我々にあるようなので。

国民に悪気はない

東京オリンピック反対の人たちは日本の将来を憂えている。不安である。中止、もしくは延期が正しいと思っている。IOCに不信感を抱く気持ちも、よくわかる。マスコミもそれを煽る。煽る一方で、オリンピック応援と称したコーナーを放つ。混乱しているようだが、そうではない。マスコミは受けることをしているだけなのだ。賛否両論なら、賛否両方に迎合するだけの話なのだ。オリンピックが無事開催されたあかつきには、マスコミは大々的に舵を切り、TVはオリンピック一色になるかもしれない。


f:id:kaigodays:20210522223317p:plain