上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ダウントン・アビー』劇場版


スポンサーリンク

■2019年 英米合作

監督 マイケル・エングラー

出演

 ヒュー・ボネヴィル

ミシェル・ドッカリー

エリザベス・マクガヴァン

 

 

 

■COMMENTS 

 

 

2010年から2015年にかけて放映された海外ドラマの劇場版。作品の舞台は伯爵家の屋敷で、伯爵一家とその使用人たちの生活・交流が描かれている。

 

 

時は20世紀初頭。大戦があったり恐慌があったりと、厳しい時期である(いや、楽な時代などないか)。貴族の性質も変容していて、というか、時代に取り残されつつあり、かつての領主様的な威勢はない。

 

 

本作品は劇場版なので、ドラマを観ていない人はまず、観ようとしないと思う。ぼくもドラマを観ていなかったら、視聴しなかった。いきなり本作品を観ても不都合はないが、細かいところまでは手が届かないだろう。ドラマ版を全て観ていた自分でさえ、覚えていないことが多く、人様のブログを拝見して確認しながら観た。それだけ、彼らの過去は込み入っている。

 

 

 

 

屋敷の美しさは相変わらずであり、気品があって、鮮やかな緑に囲まれている。ダウントン・アビーというのは屋敷の名前である。グランサム伯ロバート・クローリーと長女メアリーを始めとするお屋敷の人々は、出費の心配ばかりしている。金がない、というより、屋敷の維持も含めて金がかかりすぎるのだ。

 

 

そこにある知らせが舞い込んでくる。国王夫妻の滞在である。事前に何の打診もなく、手紙でいきなり一泊を告げる。さすが、国王。それにより、更に出費が増す。軽騎兵のパレードもしなければならない。夜は晩餐会だ。日本で晩餐会と言えば焼肉のタレ(ん?晩餐館かも?)だが、劇中のは堅苦しいやつだ。

 

 

国王にはみんな、色々な思いがある。伯爵の亡き三女の夫はアイルランド出身だし、使用人の中には共和制を望む者もいる。

 

 

国王の来訪があれば、貴族も馳せ参じるわけで、貴族同士の因縁も再燃する。伯爵の母(マギー・スミス)が絡んでくるのだが、ドラマ版と変わらず言動が貴族的というか高飛車で笑える。辛辣で、わがままで、でもいい人である。

 

 

また、国王とともに、国王の執事・使用人・シェフもやってくる。もちろん、伯爵家の使用人より格上だ。両者の対立も面白い。伯爵家の執事バローも、意地が悪く、相も変わらずイケメンに目がなくて良かった。

 

 

 

 

 

国王来訪によるドタバタが伯爵家の特徴を浮き彫りにする。波乱万丈は望めないが、ファンなら、充分楽しめる作品である。