上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ソルト』2010年 アメリカ / 監督 フィリップ・ノイス / アンジェリーナ・ジョリー


スポンサーリンク

COMMENTS

イヴリン・ソルト(アンジェリーナ・ジョリー)は以前、東アジアの独裁国家でスパイの嫌疑をかけられ、拷問を受けた。イヴリンことイヴは無論スパイ(CIA職員)だが、何をされても吐かなかった。運よく、総書記が取引に応じてくれて、解放された。



要するに、イヴはタフなスパイなのだ。彼女のような、アクション映画で主人公になれるスパイは、大抵、かっこいいし、悪さをしない。無敵であり、正義の味方であり、愛する人を大切にする。



そんな彼女のもとに、ロシアの亡命者オルロフが訪ねてくる。彼はこんなことを言う。

“かの有名なオズワルドはロシア人であり、ロシアが育て上げた暗殺者だ”

彼は続ける。

“ロシア各地より子供をかき集め、アメリカ的な教育を施し、スパイを育成した”

そして

“子供たちの一人で、とても優秀な少女を、アメリカに送った。彼女はアメリカ人として生き、ある作戦のために備えている。作戦とは、ロシア大統領の暗殺だ!”


その彼女とは誰だ! という点は脇に置いといて…というのも、それは大した謎ではないからだ。それより、作戦のほうが不可解である。


ロシアの潜入スパイが、ロシアの大統領を暗殺するという、わけのわからん作戦なのだ。映画開始20分でそんな、意味不明な作戦を提示されたら、我々は食いつくに決まっている。アクション好きなら、わくわくする展開だろう。なんとなく読めるところもあるが、それでもやっぱり見入ってしまう。




イヴは頭の回転が早く、とにかく強い。デンジャラス・ビューティ(?)だ。図体のでかい野郎どもをわさわさとぶっ倒していくのを観て、爽快感を味わうことができる。


Blu-rayだと、別パターンのエンディングを二種類観られるらしい。要するに、劇場版とBlu-ray版で、三種類のエンディングがあるのだ。とはいえ、自分は別パターンを観ていない。ある映画関係のブログにそう書いてあった。ブログには、エンディングの詳細も、記されていた。劇場版以外のエンディングも、作品の本質から逸脱したものではなかった。


Amazonプライムで観られるのは、劇場版である。どのエンディングであれ、イヴはクールだし、映画の本質は変わらない。走り方とふくらはぎの貧弱さ以外はパーフェクトな女スパイである。