上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『告発のとき』


スポンサーリンク

■2007年のアメリカ映画
■監督 ポール・ハギス
■出演
トミー・リー・ジョーンズ
□シャリーズ・セロン
スーザン・サランドン



■COMMENTS


父のもとに一本の電話が…

軍からの電話だ。

それによると、イラクに従軍していた息子が、帰国後、無断で隊から離れた、つまり、離隊したらしかった。父は息子に電話してみるものの、もちろん、息子は出ない。


父は手がかりを得るため、兵舎を見に行く。そのとき、息子の携帯電話を密かに持ち出す。業者に解析してもらうと、イラクでの任務中の動画や画像を見ることができた。それは生々しい従軍記録だが、全体像は不明だ。断片を観て、想像するしかない。


そんな折、息子捜索のため、モーテルに泊まり込んでいた父のもとに、正装の軍人が訪れる。軍人が正装に身を包むのは、めでたいときか、めでたくないときである。

このときは、残念ながら後者だった。

息子が事件に巻き込まれて亡くなったことを知らせにきたのだ。

刺されてから焼かれたらしい。

父は真相を知るため、軍警察ではなく、地元の刑事を頼る。



威厳と悲哀。

息子を失った父役のトミー・リー・ジョーンズの表情・声のトーンには、実に打たれるものがあった。BOSSのおっさんとは思えなかった。その妻役・母役のスーザン・サランドンも、さすがだった。


告発のとき [DVD]

告発のとき [DVD]

  • 発売日: 2009/01/07
  • メディア: DVD


父が息子の最期の真相を知ると同時に、戦地における息子の、明るみには出せない行動もわかる仕組みになっている。多層化された悲しみが本作品の特徴である。


こういう映画を観ると、みんな幸せになれないものかと、つい思う。