上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦』2016年チェコ・イギリス・フランス / 監督 ショーン・エリス


スポンサーリンク

COMMENTS

ナチス・ドイツ占領下のチェコ

反乱分子抹殺のため、ナチス親衛隊の大将が送り込まれる。名は、ラインハルト・ハイドリヒ。“プラハの虐殺者”と呼ばれる男である。


イギリスのチェコスロバキア亡命政府の命令により、二人の男がパラシュートでチェコに潜入する。スロバキア人のヨゼフとチェコ人のヤンだ。

彼らには目的がある。目的のためにプラハに向かう。そして、反乱分子の幹部と接触する。そこで目的が明らかになる。


作戦名は、類人猿(エンスラポイド)


つまり、ハイドリヒの暗殺である。ヒトラーヒムラーに次ぐ実力者らしい。幹部連中は無謀だとわめいて止めるものの、最終的にはヨゼフらに協力。潜伏先に案内する。皆、愛国者だ。一丸となって、暗殺計画を練る。



本作品は、わくわくさせる映画だ。虐げられた人々が葛藤を抱き、障害を乗り越え、困難な目的に邁進する。しかも舞台はナチス占領下のプラハ。それでつまらなかったら悲惨である。


スパイ的な超絶スキルは出てこないが、仕方ない。兵士というよりは、市民に近いレジスタンスなのだ。そんな彼らが、イーサン・ハントでも苦労しそうなミッションに挑む。





余談だが、チェーン・スモーカーの出てくる映画を久しぶりに観た気がする。タバコはもはや古風な小道具なのだろう。