上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

宝くじを買う人は頭が○○


スポンサーリンク

おはようございます!

早起きしたら寒さが身にしみました。

何となくネットニュースを見ていたら面白い記事を見つけたので一筆…

 

 

さすが、舌鋒鋭い。こうやって取り上げられることを見越しての発言。年末ジャンボも念頭に置いていることでしょう。

 

まず、前提として言っておくと、我々庶民というか、多くの勤め人は、宝くじを買おうがスルーしようが、お金持ちにはなれません。

 

そもそも会社とか組織に入って生計を得ている時点で、カツカツな生活を覚悟するしかないんです。

 

それに、たとえ宝くじに頼らない思考回路を持っていたとしても、金持ちになれるとは限らない。つまり、宝くじを買わないことと金持ちになることに相関関係は認められないんです。たかがクジですし笑

 

但しそれは少額での話

 

宝くじのような、ほぼ当たらないものに毎回大金を突っ込むような人間が蓄財できるのかと問われたら、否と答えるしかないでしょう。

 

要するに、程度の問題

 

宝くじを買って金持ちになる!

 

本気でそう思っている人はかなり少ないと思いますが、もしいたら、その人は相当厳しい状況・環境で耐えているに違いありません。

 

なぜなら、宝くじ以外に成功への手立てがないわけですから。

 

それは頭が悪いのとはちょっと違うような気がするんです。

 

頭というより、心の問題かと…

 

また(今思いついたんですが…)、宝くじで金持ちになろうという発想には親ガチャに通じるものがあります。

 

人生、運次第という考え方です。

 

運任せで生き抜いて、幸せになれた人はいるのでしょうか?

 

気になるところです…