上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『最高の人生の見つけ方』感想


スポンサーリンク

2007年(アメリカ)

監督
ロブ・ライナー

出演
ジャック・ニコルソン
モーガン・フリーマン

病院で知り合った二人の老人・物知りカーターと金持ちエドワードが、残された短い人生を命一杯楽しもうと試みる物語。

感想

・冒頭、ツナギ姿のモーガン・フリーマンが登場したとき、囚人と早とちりしました、ごめんなさい。

ジャック・ニコルソンは、顔も表情も仕草も面白い。目が離せない。観ていて飽きない。クセの塊。

・病室における、二人の病人、カーター(フリーマン)とエドワード(ニコルソン)の会話や、病状の描写が延々と続くが、だれない。各々をきっちり描いている。人間ドラマの土台は人間にある。

・口より体を動かせよ、とエドワードは言う。笑い者になってもいいから、何かやれと。その言葉は人生の期限が迫ったとき、より力を持つ。

・生の終わりが間近に控える中で、エドワードとカーターは病院から飛び出し〝冒険〟する。大金持ちのエドワード主導で、スカイダイビングをし、乗りたい車に乗る。確かに楽しそうだ。

・冒険は世界旅行となり、二人の友情が育まれていく。その過程で彼らの過去が語られ、人となりが浮き彫りにされる。交流は互いへの干渉を生み、対立し、衝突するが、カーターの容態が急変すると、すぐさまエドワードは会いにいく。友情。

・この映画は元気な、というか、普通に生活している我々には勇気を与えてくれるが、ご老人にはどうだろう?
この二人と同程度の年齢と病状だと、意欲を失っている方のほうが圧倒的に多い。少なくとも、ぼくの知る人々はそうだった。第一、やりたいことをやろうと促しても、のってこない。これまでの習慣を頑なに変えようとしない。
なので、この二人のフットワークの軽さは微笑ましいが、同時にファンタジーを観ているような気分になる。もちろん映画だから、リアルである必要はありません。単なる感想です。



☆舞台はあくまで遠景であり、メインは対話。対話を追って友情に触れる映画。良い出会いが、善きものをもたらせてくれる。