上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ファーゴ』の感想


スポンサーリンク

1996年(アメリカ)

監督
ジョエル・コーエン

脚本
イーサン・コーエン
ジョエル・コーエン

出演
フランシス・マクドーマンド
ウィリアム・H・メイシー
スティーブ・ブシェミ
ピーター・ストーメア

□単純な狂言誘拐が、シャレになんない殺人事件に発展する話。

感想

■ファーゴの酒場で二人の悪党・小悪党然としたカール(スティーブ・ブシェミ)と、巨漢で無口なゲア(ピーター・ストーメア)が登場。
ブシェミは『レザボア・ドッグス』のミスター・ピンク役で評価されました。今作は『レザボア』の四年後の作品。
ストーメアは『プリズン・ブレイク』に出演。存在感を示しました。

■二人の悪党がホテルで女たちと行為に及ぶ。ベッドは別だが、同じ部屋。右のベッドで一組が…、左のベッドでもう一組が…。行為のあと、四人は無言でTVを見る。その感じ。こういう間。いいね!

■ゲアとカールの仕事が雑すぎて、ある意味、おそろしい。我々庶民の理解を完全に超えている。

■田舎町の雪景色の侘しさ…

■顔に黒い布を被せられ、前が見えない状態の人質が、雪道を辿々しく歩き回って逃げようとするシーンで、ちょっと笑った。カールも笑っていた。

■女性署長マージの見た目が、どこから見ても田舎のおばちゃん。夫ノームとの距離感が絶妙。

■マージにはパトカーがよく似合う。パトカーの中でファーストフードを貪るシーンはよかった。

■雑さ、適当さ、いい加減さが、醜悪に積み重なると、狂気になる。

■説明臭くない。抽象的に言うと、隙間がたくさんあって、風通しがいい(その風は決して心地好いものではない)。



□教訓・仕事は出来る奴に頼むべし!