上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『果つる底なき』


スポンサーリンク

 

 

はじめに

本作品は江戸川乱歩賞受賞作であり、ドラマ化されている。元銀行員・池井戸氏のデビュー作でもある。主人公は支店銀行員・伊木。彼には後年、作者が生み出す半沢直樹に通じるものがある。

 

事件

伊木はメガバンクの支店で融資を担当している。融資とは、金を貸すことだ。

一方、同支店には回収と言って、不良債権を扱う行員・坂本もいる。平たく言えば、どん詰まりの会社から取れるものを取り立てるのが役目だ。

第一の事件は坂本の不審死だった。

 

東京シリコン

作中には東京シリコンという半導体メーカーが登場する。かつて、伊木が融資を担当した企業だったが、連鎖倒産によって不渡りを出し、坂本の担当になっていた。坂本は東京シリコンを調査する過程で、触れてはいけないものに触れたせいか、何者かに命を奪われた可能性があった。伊木は坂本の死後、仕事を引き継ぐ。それはすなわち、命を賭して闇に向き合うことを意味していた。

 

おわりに

まさに銀行ミステリーである。一人の野心が周囲の人生を狂わせていく。

但し、頭脳明晰なはずの犯人だが、読後、冷静になってみて、行き当たりばったりというか、犯行が雑というか、やりすぎということに気づいた。

一支店の行員数名を死傷させるとか、いくらなんでも…