上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『諏訪・安曇野殺人ルート』


スポンサーリンク

 

 

1

みなさん、西村京太郎という作家をご存知でしょうか?

ぼくは名前しか知りませんでした。

膨大な量のミステリーを執筆され、数多の作品がドラマ化されましたが、個人的には読んだこともなければ、観たこともありませんでした。

それでも、十津川警部の名はなぜか、知っています。なぜだろう。名探偵…、いや、名刑事だからか?

 

2

ミステリーにしては、ずいぶんのんびりというか、牧歌的な父娘と、東京からやってきた、どこか奇妙な男。作家を名乗るも、代表作はない。父娘は男に興味・好奇心を抱いて、接する。男は二人の好奇をのらりくらりと躱す。父娘のやり取りに全然緊張感はないものの、怪しい奴らはどんどん出てくるし、殺人らしき事件も起きる。そこでやっと、十津川警部の登場である。

 

3

文章は読みやすくて、読みやすくて、ホイップクリームのようにどんどん入ってくる。通勤中の電車内でも淀みなく読み進めることができそうだが、あいにくこちらは車通勤。雑技団の人間ではないので、運転しながらの読書はムリだった。残念…

 

現実的に考えて、本シリーズを全て揃えて読破するほどの勇者にはなれそうにもないが、予想していたより楽しい時間を過ごせたし、古本屋で見かけたらまた買ってみようと思った。

 

こんなことを言ったら大いなる誤解を生みそうだが、率直な感想として言わせてもらうと、池波正太郎の『剣客商売』を読んだときの感覚と似たようなものを感じた。