上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『エマージェンシー 見知らぬ2人』


スポンサーリンク

COMMENTS

 

いきなり、おっさん(ショーン・アスティン)の寝起きシーン。

 

オシャレでもなく、卑猥でもない。静かで、地味な一日の始まり。

 

おっさん=ミッチはネルシャツを着る。セダンでボートを運ぶ。目的地は湖だ。車もボートも古ぼけている。ミッチは裕福ではない。元フリーターの無職だ。湖に向かう途中に寄った高齢者施設で、そこに入所している母の着替えを補充したとき、職員から「うちで働かないか」とスカウトされる。アメリカでも介護はある種のセーフティ・ネット的な役割を果たしているのだろうか。よくわからない。万年人手不足という点は我が国と同じらしい。が、本作品は介護映画ではない。

 

湖に到着し、ミッチはボートに乗り込む。湖心に向かって、ボートをかっ飛ばす。かぶっていたキャップが風で飛ばされる。ネルシャツおじさんの表情は険しい。ちっとも気持ちよさそうじゃない。人生をエンジョイしていない。

 

ボートが何かの破片にぶつかったので、ミッチは急いで立て直そうとするも、止まってしまう。見渡すと、セスナの翼にしがみついて浮かぶおっさん(クリス・マルケイ)を発見する。反応はない。気を失っているのだ。おっさんは苦労して、おっさんをボートに乗せ、手当てをしてやる。ロマンスは生まれない。おっさんが美女を助けて惚れられるストーリーなら勇気も湧いてくるが、どうやらそういうお伽噺ではないようだ。まさかおっさん同士の恋でもあるまい。

 

新参のおっさんは目覚めると、ナイフでミッチを威嚇する。警戒しているのだ。このおっさん、ひじょうに怪しいが、ミッチは柔和なおっさんなので、大きな問題にはならない。


新しいおっさん=ケリーは偉そうだし、すぐ怒る。ボートが故障していたので、ミッチはやむなくオールで漕ぐのだが、ケリーはケチをつけるだけだ。

 

以降、ひとつボートの上で、おっさん2名が交流する。

 

映画が進むにつれ、2人の過去が明らかにされ、湖にきた目的が明かされ、ささやかな結びつきが生まれる。緊張感はあまりない。アンニュイなおっさんモノである。決してつまらないわけではないと思えるのは、ぼくもおっさんだからかもしれない。

 

 

エマージェンシー 見知らぬ2人(字幕版)

エマージェンシー 見知らぬ2人(字幕版)

  • 発売日: 2020/04/10
  • メディア: Prime Video
 

 

ショーン・アスティンと言えば、パティ・デュークの長男で、『グーニーズ』のマイキー役でも知られている。海賊の財宝を見つけたそのときからずいぶん時は経つけれど、本作品では、ナイーブで不運なおっさんをうまく演じているし、まだまだやれそうでよかった。ちなみに『グーニーズ』でマイキーの兄を演じたのは、ジョシュ・ブローリンである。

 

2014年アメリ