上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『バルカン超特急』1938年英国 / アルフレッド・ヒッチコック


スポンサーリンク

What's it about ?

欧州の小国パンドリカで、雪崩のため、汽車が運休となる。復旧するのは明朝。

足止めをくらった観光客はホテルに押し寄せる。

ホテル側はメイドの部屋も客に提供して対応。支配人大活躍である。


この喜劇的なシークエンスで、登場人物の特徴が親切に紹介される。ここ、けっこう重要で、ここでの人物描写があるから、のちのちの“虚偽”が生きてくる。


CAST

アイリス
(マーガレット・ロックウッド)


ギルバート
(マイケル・レッドグレイヴ)


ハーツ医師
(ポール・ルーカス)


ミス・フロイ
(メイ・ウィッティ)


翌朝、いきなりだけど、出発前のホームである事件が起こる。それで誰が狙われているか、我々観客にはわかる。


さあ、本番はここからだ!


汽車の中で、裕福なアイリス嬢は英国婦人フロイと向かい合って座った。一旦、二人は食堂車に行き、戻ってきてまた、向かい合って座る。そして、アイリスはしばし眠った。目覚めたら、ミス・フロイはいなくなっていた。

周りの乗客・給仕は、そもそも婦人などいなかったと言う。とても有名な場面だ。ほかの乗客も、知らないと答える。

とはいえ、全員がグルではない。ある者は面倒に巻き込まれたくなくて、とぼけている。またある者は、列車が止められるのを恐れて、嘘をついている。アイリスは、ミス・フロイの存在はあなたの幻覚ではないかと、乗り合わせていたハーツ医師に言われる。


だが、もちろん、ミス・フロイは実在する。幻覚ではない。婦人を見たという証言も得られる。ちょうどそのタイミングで、婦人が席に戻ってきたことを、知らされる。アイリスは席に戻る。だがそこには見知らぬ婦人客が…





サスペンスということで、当然、情報は小出しなため、否が応にも集中して視聴することになる。乗客は一癖も二癖もあり、イライラさせられるところもあるが、探偵役二名(アイリス&ギルバート)には好感が持てた。


f:id:kaigodays:20191115182742j:plain



終盤に至るまでの流れは圧巻で、喝采のラストに向かって、汽車は飛ぶように走ってゆく。