上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『閃光のハサウェイ』


スポンサーリンク

1

閃光のハサウェイ』とは、ハサウェイ・ノアが汚れちまった地球人打倒と地球のために…といったガンダム映画である。


2

ハサウェイはブライト・ノアとミライの息子。ZZまでしか観ていない自分でも、何とか話にはついていかれそうだ。ZZまで観たとはいえ、燃え上がったのは初代である。

赤い彗星、初めて見たシャア・ザクには惚れ惚れして、プラモデルを親にねだった記憶がある。『逆襲のシャア』は劇場で観ているが、残念なことによく覚えていない。

本作品はそれから12年後…


3

冒頭、地球連邦の要人とハサウェイの乗る宇宙旅客機がテロリストに襲われる。多くは語らないが、一連の場面はまさにアクション。ここで心を掴まれたら、あとは身を任せて観ればオーケー!


4

ガンダムの面白いところは、ロボット(モビルスーツ)が最強兵器という点。当然、それを使いこなせる人間が最強ということになる。キッズは否応なく、強いモビルスーツとそれに乗るパイロットに憧れる。


5

本作品は、シャアとアムロの影響を強く受けたハサウェイの戦いを描いた物語の第1部だ。魅力的で謎めいた登場人物たちの今後が気になる展開となっている。ガンダムだからか、普段アニメをほとんど観ない自分でも楽しめた。