上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『グリーンブック』2018年アメリカ / ピーター・ファレリー


スポンサーリンク

COMMENTS

人種差別がルールとなっていた60年代のアメリカ。イタリア系のトニー(ヴィゴ・モーテンセン)も、当然、差別意識を持っている。それこそ空気でも吸うように、自然と有色人種を差別している。それが“普通”だからだ。トニー個人が悪いわけではない。そういう世界で生きていれば、そういう価値観を抱くのは必然である。


では、内容に軽く触れていく。


トニーは腕っぷしが強く、度胸があって、家族思いだ。クラブの用心棒をしていたが、閉店に伴って職を失った。父親は家族を食わせていかなければ、ならない。子供に腹を空かせては、いけない。


トニーは仕事を得るため、面接を受ける。職種は黒人ピアニストのツアー運転手。ピアニストの名は、ドクター・ドン・シャーリー(マハーシャラ・アリ)。ドンは差別が特にきつい南部へのツアーを予定していた。演奏会を開きつつ、南部各地を巡る旅である。トニーはそのドライバーになった。車はキャデラック・ドゥヴィル・セダン。グリーンブックを持って、彼らは旅に出る。


(グリーンブックとは、黒人歓迎の宿泊施設を掲載した旅行ガイド)


旅の序盤は、学がなく、がさつで、横柄なトニーが、ドンに叱られるという展開。トニーは聞き分けの悪い生徒みたいに悪態をつくが、強くは出ない。トニー自身、自分の悪いところがわかっているからだろう。それに、トニーはドンのことを嫌っていない。後々、トニーがドンの面倒を見る場面も出てくる。


トニーの図太さとドンの繊細さが、物語が進むにつれて際立っていく。実に快い。


グリーンブック(字幕版)

グリーンブック(字幕版)

  • 発売日: 2019/10/02
  • メディア: Prime Video



交わるはずのない人間同士の、心の交流という王道的なテーマだけに、安心して観ていられる。南部の名士はドンのピアノに聴き惚れ、惜しみない拍手を送るが、主役であるドンに屋敷のトイレさえ使わせない。そんな風土の南部を旅しながら、トニーとドンは絆を深めていく。


余談だが、トニーの奥さん(リンダ・カーデリーニ)も魅力的だ。トニーはラッキーな奴なのだ。




【公式】『グリーンブック』3.1(金)公開/本予告