上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ザ・コール 緊急通報指令室』2013年アメリカ / 監督 ブラッド・アンダーソン


スポンサーリンク

What's it about ?

ロス市警の911(日本の110番)のオペレーターと通報者とシリアル・キラー

COMMENTS

ジョーダン(ハル・ベリー)は、やり手のオペレーターで、制服警官との恋愛も順調だったが、ある日を境にして暗転する。レイアという少女から通報を受けたときに、ミスをしたからだ。


不審者が家に侵入してきたとき、両親は外出中で、レイアは絶体絶命だった。911に通報するのがやっとだった。が、ジョーダンが職務以上に踏み込んだことをしたことで、レイアは不審者に誘拐され、翌日、遺体となって発見された。





ジョーダンは現場を離れ、オペレーターの教官になった。簡単に言えば、レイア事件がトラウマになったのだ。が、事態は彼女を放っておいてくれない。


新人への研修中、通報者に感情移入をしないこと、感情を切り離すこと、などを教えているときに、誘拐された少女・ケイシーからの通報が入る。
ジョーダンはパニックになりながらも懸命に自分を抑え、かつての、やり手だったころの自分を取り戻していく。


誘拐犯は難敵だ。『羊たちの沈黙』の連続殺人犯バッファロー・ビルとの類似点はもちろん、意識してのことだろう。ただし、本作品の犯人は見た目も悪くなく、社会と折り合いをつけて生きてきた。それを考えると、テッド・バンディ(アメリカのシリアル・キラー)的な要素もあわせ持った猟奇殺人犯と言って、差し支えないように思う。


この手の犯人は最初のうち、うまく立ち回るが、だんだんと自分を律することができなくなり、自爆する。IQは高いのに、欲望に負けて、凡ミスを繰り返すのだ。


本作品はコンパクトで、スピーディ。かなりの頻度でハラハラさせてくれる(笑)
久しぶりに、巧みなサスペンス・スリラーを観て、楽しい時間を過ごすことができた。


サイコ / サイコパス関連の作品は、星の数ほどあるし、もちろん本作品も先行作品を踏襲しているんだけど、ジョーダンとケイシーの強さには惹かれるものがあった。