上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『エル・マリアッチ』1992年メキシコ・アメリカ / 監督脚本製作編集 ロバート・ロドリゲス


スポンサーリンク

登場人物

マリアッチ
流しの歌手
(カルロス・ガラルドー)

※“マリアッチ”とはメキシコ特有の楽団のことであるが、劇中では、主人公の呼び名として、また、歌手やミュージシャンの意味としても使われる。


ドミノ
バーの美人オーナー
(コンスエロ・ゴメス)

アスール
脱獄囚
(レイノル・マーティネス)

モーリシオ
ギャングのボス
(ピーター・マルカルド)


f:id:kaigodays:20191023145720j:plain


改めて観て、これが92年かとびっくりするほど、舞台となったメキシコの町アクーナはど田舎だ。刑務所は、でっかい公衆便所みたいで、セキュリティなど、ないに等しい。

囚人アスールはモーリシオと分け前のことでもめていた。ずいぶん前からもめていたみたいだが、モーリシオはやっとケリをつける気になったようだ。金をやる代わりに、手下数名をでっかい公衆便所に差し向ける。

だがアスールは先を読んでいた。手下どもを返り討ちにして、堂々と“脱獄”する。ギターケースにマシンガンを入れて。アスールの行き先・アクーナの町には、タイミング悪く、マリアッチがいた。

f:id:kaigodays:20191023145840j:plain

マリアッチは、アコギの入ったギターケースを手に店をまわり、歌わせてくれと頼むものの、断られる。金もないので、日雇いでもしようかと思案する。

モーリシオはアスールにしてやられたことを知ると、手下どもをアクーナに向かわせる。但し、手下どもはアスールの顔を知らない。黒い服とギターケース。ターゲットの特徴はそんだけ(笑)写真ぐらいはあんだろうという突っ込みはやめておこう。どうせ、みんな、すぐに見つけられると思ったのだ。

まさか、(人相体型の違う)マリアッチとアスールを間違えるとは、モーリシオも思わない。思い込みはだから、こわい。

マリアッチは人違いにより、否応なく、アスールとモーリシオの闘争に巻き込まれる。とはいえ、マリアッチは銃の名手(?)なので、手下をバンバン倒していく。バーのオーナー・ドミノの助けで、“マリアッチ”としての仕事をすることもできた。が、このまま無事に終わるわけもなく…


f:id:kaigodays:20191023145743j:plain


ストーリーは粗削りながらも真っ直ぐで、コミカルながらもパンチが効いていて、哀しみと清々しさに浸ることができる。

ヴァイオレンス?

コメディ?

いや、青春でしょう!



鑑賞後にふと、スタッフ・キャストの人達にとってこの映画は、きっと、いい思い出になってるんだろうなと。そんなふうに思わせる作品だった。