上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『三度目の殺人』2017年日本 / 監督・脚本 是枝裕和 / 福山雅治×役所広司


スポンサーリンク

主要登場人物

重盛朋章ー本件の担当弁護士(福山雅治)

三隅高司ー殺人事件の被告人(役所広司)

山中咲江ー被害者の娘(広瀬すず)

山中美津江ー被害者の妻(斉藤由貴)

摂津大輔ー重盛の同期弁護士(吉田鋼太郎)

篠原一葵ー本件の担当検事(市川実日子)


f:id:kaigodays:20191023110223j:plain


本作品は法廷モノである。
弁護側・検察側双方が、戦術に沿って、それぞれ被告人像を作り上げていく。

検察側の主張。被告人は金目的で被害者を殺害、ガソリンをかけて燃やした。
罪状は強盗殺人と遺体損壊。

担当弁護士・重盛は、被告人・三隅の言動に振り回され、幾度か修正を迫られるが、最終的には、三隅が被害者の娘・咲江のために殺害に及んだと考える。
後半、三隅がちゃぶ台をひっくり返すようなことを言うが、重盛はその主張を心からは信じていない。
※この記事では重盛と三隅のやり取り、三隅の“能力”にはあえて触れません。


弁護側検察側ともに“虚像”を作り、裁判所が“虚像”を裁く展開だが、致し方ない。

三隅はそもそも、つかみどころのない怪人だし、言葉は二転三転するし、映画自体、謎解きを拒むかのように、計算されて作られているし、“真実”を取って出すことができないのだ。


本作品の解釈について書かれたブログには、読み応えがあり、参考になるものが多かった。謎を残す映画・物議を醸す映画を観たあと、ネット上の意見・推理をチェックするのが好きなこともあり、この映画には鑑賞後も楽しませてもらえた。


本作品の特徴をわかりやすく言うと、真実を“薮の中”に隠していることだ。それは意図して隠されているため、隠喩などの手がかりを頼りに藪に切り込んでみても、解明することはできない。


“真実”とは、くっきりと輝く星のようなものではなく、案外、うすぼんやりとした気味の悪いものなのかもしれない。


f:id:kaigodays:20191023111551j:plain


少なくとも、三隅は正義の人ではない。


三度目の殺人

三度目の殺人