上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の感想


スポンサーリンク

2014年(アメリカ)

監督・製作・脚本・主演
ジョン・ファヴロー

☆料理への情熱ゆえにシェフをクビになったおっさん(カール)が、屋台を始める。

個人的な感想


・料理がうまくない自分としては、冒頭の華麗な包丁さばきで感心。

・オーナー(ダスティン・ホフマン)とカールの対立から、雇われでは好きなことができないんだという教訓を得ました。

・カールの元奥さん(ソフィア・ベルガラ)が色っぽい。仲良しのソムリエ(スカーレット・ヨハンソン)がかわいい。うらやましい。才能ある奴はもてるんだ、やっぱり。男は金か才能だな。残念ながら、ぼくには両方ありません(笑)にしても、スカーレット・ヨハンソン、いいなあ。

SNSの炎上、ブロガー料理評論家、ツイッターへの投稿。時代ですなあ…。カールの息子が作った動画、いいね!

・とにかく料理がたくさん出てくる。飯テロ映画。

・カールが終始楽しそうに料理する。料理への情熱を感じる。

ゴダールの『気狂いピエロ』で〝映画はエモーションだ〟みたいなセリフがあった気がするけれど、それは料理にも当てはめることができる。
いや、料理だけではない。我々の趣味にも。大切なのは心が動かされるかどうか、だ。それがいちばん重要なんだ。

・個人的に、ジョン・レグイザモが活躍してて嬉しかった。



・才能ある人がちょっと挫折(SNSで炎上)しただけのように見える。それがどん底

・カールおじさん、守られすぎ。こんなに愛されてたら、せっかくの苦難が台無しである。

・コメディだからか、カールおじさんの決断に、いちいち重みがない。

・できすぎな物語なんだけど、温かいものは残る。



では、また!