上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『スパイダーマン:ホームカミング』


スポンサーリンク

こんばんは!久しぶりの映画鑑賞です!年のせいか、集中力が続かず、立て続けに映画を視聴することが苦しくなってきました!


人間、こうやって老いていくのかと思うと、やはり今のうちにやりたいことをドンドンやらんとな…という気持ちになります!

 


今回は『スパイダーマン』のこれ。

 


正義、という構図の作品はそれこそゴマンとありますが、個人的には新しいとはいかないまでも、アクションや展開に何らかの工夫・仕掛けがあって、驚かせてくれたら満足できます。


正直なところ、MCUの良き視聴者ではありませんが、本作品は楽しめました!


正義の味方は無敵ではなく、人間味がある。悪の親玉にも、それなりの事情がある。


そういった、現代のヒーローものでは当たり前の前提を踏襲しながら、学校生活やら恋愛やらが描かれ、最終的には迸る正義感によって衝き動かされた主人公が、ダークサイドに堕ちた怪人を…

 


怪人、つまり敵役のマイケル・キートンが実に素晴らしかった!まず目が怖い!いかにも、という感じで、良かったです!この鳥人間が転生して『バットマン』になるのでしょうか!

 


視聴後、不意に、ガキの頃スパイダーマンのパジャマを着て寝ていたことを思い出しました。