上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

東京五輪観戦記⑦※訂正有


スポンサーリンク

女子ソフトボール決勝

TVをつけたら、7回裏が始まるところでした。昨日、アメリカに負けていたし、不利だと思い込んでいたので、失礼ながら、3-1でリードしているとわかったときは、思わず叫んでしまいました。ちゃぶ台をひっくり返しそうな勢いでした。うちにちゃぶ台はありませんが、ま、そんな感じの…

 

7回裏、バッターはアメリカです。名前はわかりません。ガールですね。ピッチャーは上野選手。どきどきします。アメリカは強いし、最後まで何があるかわかりません。考えたくはないけど、3発ホームランを打たれたら負けです。気を抜くことはできません。あ、打たれた…センター前…

 

ですが、このあとは圧巻でした!!

 

結果を知らないが故の緊張感は、スポーツ観戦の醍醐味なのかもしれません。

 

※私はてっきり昼間観た↑の試合が決勝だと思ったんですが、勘違いでした。13年前の、北京オリンピックでの決勝でを獲った試合でした。途中から観て、早とちりしてしまいました。そのときの上野選手は真っ赤なユニフォームでしたが、今夜の決勝では、白いユニフォームです。

 

誠に申し訳ございません。

 

女子ソフトボール決勝は今、夜間に行われています!

20:30過ぎで、2回の裏です!

 

 

 

難しさ

私みたいな普通の人間には無縁のことですが、すごい人には輝かしいピークがあって、目がくらむほどの強烈な光を発します。それは、選ばれた者だけができることです。問題は、ずっと輝いていることができないという点。しかも往々にして、ピークを過ぎたことに気がつきません。賢い人はそれなりの道を歩むものですが、不器用な人は何の手も打つことができません。とはいえ、一度でも輝けたことはすごいことですし、また幸運が訪れることを、世界の片隅で祈っています。私は冗談抜きで、世界の人達はみんな幸福になるべきだと思っていますし、世界はそのためにあるべきだと思っています。そういった世界に向かっていかないようなら、我々が生まれてきた意義など、あってないようなものです。

 

 

f:id:kaigodays:20210725072339j:plain

 

いつかまた

オーストラリアの女子ソフト・チーム

 

一番乗りだったので、TVでよく取り上げられていました。

 

外出も練習も制限された中で、苦労されることも多かったと思います。

 

感謝されると、素直に嬉しいですね!