上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『L.A.ギャング ストーリー』


スポンサーリンク

Gangster Squad

巡査部長オマラが仲間を集め、ギャングを叩き潰す。2012年公開。


監督 ルーベン・フライシャー
出演 ジョシュ・ブローリンライアン・ゴズリングエマ・ストーンショーン・ペンニック・ノルティ


1949年

戦争は終わったが、ロスアンゼルスは平和とは言えなかった。シカゴからきたギャング、ミッキー・コーエンが力をつけ、法曹界・警察官・保安官などを買収。警官はコーエンのシマに入ることも許されなかった。


例外は巡査部長のオマラで、コーエンのシマだろうが、捜査のためなら突入した。しかしコーエンの手下を苦労して逮捕しても、すぐに釈放される。しかも上司に説教までされるのだった。


長いモノには巻かれるしかない状況が変わるのは、コーエンの悪事を忌々しく思う偉い人(市警本部長)が、オマラのことを知ったときだ。


本部長パーカーはオマラを呼び出し、コーエンと戦うよう命じる。極秘で仲間を集め、ゲリラ戦を仕掛けろ、と。警察はコーエンに抑えられているから、一々逮捕することはできない。警察官と名乗ることも許されない。命がけの密命だが、オマラは承諾する。


対決

アンタッチャブルよろしく、チームでギャングに立ち向かい、それなりに成功をおさめるが、コーエンも阿保ではない。すぐに反撃され、仲間を失い、窮地に立たされる。チームの面々の素性がばれ、本部長も諦める。コーエンには勝てない。オマラも処分されるだろう。つまり、クビになるということだ。オマラは言う。

『全てを失っても、戦争に勝てば、英雄だ。だが、全てを失ってただ負ければ、愚か者だ』

オマラは屈しない。



おわりに

悪に立ち向かう警察官の作品や、人を集めて強大な敵を倒す映画はたくさんあるので、評価するのは難しい。しかもその手の作品には大作・良作が多い。本作品は悪くないけれど、先行作品を超えているかと問われたら、正直、困るところだ。

ギャング映画の難しさを改めて思い知らせてくれた功績は、認められていいかもしれない。