上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

杞憂?


スポンサーリンク

news.yahoo.co.jp


ナチス・ドイツはある時点までうまくいっていた、ように見える。

今にして思えば、敵に回してはいけない国を敵にしたことで敗れ去った、

そう言えないこともない。


ナチスがうまくいっているとき、近隣諸国及び被迫害者は犠牲を生み続けた。


news.yahoo.co.jp



さて、中国共産党はきっと、とてつもなく優秀だろう。


どの程度までやって大丈夫かシュミレート済みだろうし、

いずれ世界一になることも承知済みだろう。


じわりじわりと侵していくだけで、いい。

やがて利を得られる。

欲しいものは手に入る。


日本は米国派と中国派に分かれ、何の力も発揮できないはずだ。


日本人が警戒すべきは暴力にさらされないことであり、負けないことではない。


f:id:kaigodays:20210519163449j:plain
David MarkによるPixabayからの画像


もはやどの国も、中国を止めることはできまい。

日本は大国ではないし、国連は日に日に中国寄りになるだろうし、アメリカは遠い。



人権侵害を何とも思わない大国は、ひじょうに怖い。



中国をかばい続ける公明党の危険な片思い(ニューズウィーク日本版) - Yahoo!ニュース