上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ハート・オブ・ウーマン』


スポンサーリンク

■2000年のアメリカ映画

監督 ナンシー・マイヤーズ

出演 

メル・ギブソン

ヘレン・ハント




■COMMENTS


ラスベガスのショーガールの愛息ニック。特殊な環境で育った彼は長じて、女心のわからないプレイボーイになる。鼻持ちならない金持ち、派手な私生活。女好き。世の中は自分のもの。広告会社の出世頭。主人公はそんな男。



別れた妻との間に15歳の娘がいる。娘には優しい。狙っていたポストをやり手のキャリアウーマン・ダーシー(ヘレン・ハント)に奪われるが、異動になったり冷遇されたりするわけではない。



開始早々、どんな話かは何となく想像できる。ロマンスである。だが、本作品には仕掛けがある。ニック(メル・ギブソン)があることをきっかけに、女心が読めるようになるのだ。



面白いのは、ニックの太々しさ。葛藤はないこともない、というレベルだ。女性の心がわかるようになってすぐ、仕事に生かそうとする。からっとしていて、とても軽い。それが、いい。



ニックは行動し、前進する。ポジティブだ。新たに得た能力をフルに活用して、娘も含めた女性たちに合わせようとする。女心を掴むことは、そのまま人生の成功につながる。彼は次第に自分中心ではなく、女性の気持ちに沿って考え、動くようになる。野心は消え、人を大切にする。



ハート・オブ・ウーマン(字幕版)

ハート・オブ・ウーマン(字幕版)

  • 発売日: 2016/01/26
  • メディア: Prime Video



よく考えると、女心がわかりすぎるのも怖いような気がする。ダメ出しばかりされ、たぶん傷つくだろう。



だが、映画は良かった。昔観たときはピンとこなかった記憶があるけれど、ニックが全然ひどい奴じゃないところも好感が持てたし、何より、温かい気持ちになれた。