上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ナイロビの蜂』


スポンサーリンク

ナイロビの蜂 (字幕版)

ナイロビの蜂 (字幕版)

  • 発売日: 2013/11/26
  • メディア: Prime Video



英国の外交官ジャスティン(レイフ・ファインズ)の妻テッサの遺体がケニア北部で発見される。状況からして、不倫相手とともに殺害されたと推察された。ショッキングな出来事だ。


夫妻の出逢いは講演会だった。ジャスティンの講演にテッサが参加したのだ。テッサ(レイチェル・ワイズ)はジャスティンとは違って、熱くなる性格だった。好対照な二人は意気投合、会って間もなく結ばれ、アフリカへ赴くことになる。


テッサは正義感が強く、恐れを知らない。医薬品などを横流しして私腹を肥やす、現地の保健相にパーティで詰め寄る場面もあった。夫妻はケニアで幸せな結婚生活を送っていたが、水面下では魔の手がうごめいていた。


テッサはケニアの上流社会で煙たがられる存在だった。力が正義を作るのか、正義が力を生むのか。答えは考えるまでもなく、明らかだ。正義を記録するのは、常に生き残った勝者だ。奴らは汚いことをきれいに見せることに長けている。


ジャスティンはテッサの死後、“真相”を追う。妻は不倫などしていない。ジャスティンは調べを進めていくうちに、信じるようになる。脅されても逃げないで前進した結果、妻を死に追いやったモノの正体に辿り着く。





本作品は、愛、陰謀、裏切り、喪失感、製薬会社のエゴなどを盛り込んだサスペンスだが、アフリカの人々の困窮した生活も描かれていて、分厚い作りになっている。特にレイフ・ファインズの演技がいい。感情の出し方というか抑え方には打たれるものがあった。





原作はジョン・ル・カレ





子供たちの笑顔が大地に映える