上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』


スポンサーリンク

事実に基づく物語

COMMENTS

 

1944年、戦時中のアメリカ。

マダム・フローレンス(メリル・ストリープ)はヴェルディ・クラブなるものを創設し、基金を積み立てて音楽活動に邁進した。素人である彼女自身がソプラノ歌手として舞台に立った。彼女を精神的に支えたのは夫のシンクレア(ヒュー・グラント)である。

 

シンクレアはフローレンスの要求に忠実に応える。夫というか執事というかマネージャーというか、その全てなのかもしれない。

 

フローレンスの音楽への情熱はホンモノで、“パンよりモーツァルトのほうが大事”

などと、生意気なことを平然と口にする。レッスンは著名な指揮者と専属のピアニストによって行われる。但し、フローレンスには一つ問題がある。音痴なのだ。とんでもなく、彼女は歌が下手である。が、本人は、(劇中の設定では)それに気づいていない。夫も気づかせまいと努めている。つまり、フローレンスがリサイタルを開催するたびに、シンクレアはマスコミや周囲の人が批判しないように、または本当のこと(悪評)が伝わらないように手を打つ。フローレンスは裸の王様ならぬ裸の女王様なのだ。

 

彼女が歌う姿は実に痛ましい。

 

みんながド下手な歌手を褒めたたえる異様な光景。調子に乗った下手くそはジャイアンみたいに騒音をまき散らす。珍しい鳥のようにも見える。だが音楽はフローレンスの夢そのものなのだ。晴れやかな舞台で歌うことが、彼女の生きがいなのだ。

 

彼女は年齢的に体力もなく、厄介な病気を抱えている。そのせいで、シンクレアとは一度も性交渉が持てなかった。プラトニックな夫婦なのだ(でもシンクレアには愛人がいる)。フローレンスの生きる糧は音楽だが、神は無慈悲にも、才を与えなかった。財産と不治の病(ペニシリンがなかった為)を与えた。金はありがたいが、病はいらない。

 

 

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

マダム・フローレンス! 夢見るふたり(字幕版)

  • 発売日: 2017/06/02
  • メディア: Prime Video
 

 

フローレンスは自分のテクニックが完全か、それに近いものだと思っている。何十年も音楽を愛していて、自らの才能に疑いを持っていない。それはそれで、一つの才能ではないかと、最後まで観て思った。

 

フローレンスが人々に注目されたのは下手だからで、いくら金があっても中途半端にうまかったら、話題にさえならなかったに違いない。彼女にはきっと、目立つ才能があったのだろう。こうして映画の主人公になったのだから。

 

 

2016年イギリス