上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ペコロスの母に会いに行く』2013年 日本 / 監督 森崎東


スポンサーリンク

COMMENTS

赤木春恵さんの遺作である。当時88歳。認知症の女性みつえを演じている。


タイトルにあるペコロスとは、小型の玉ねぎのこと。劇中では、みつえの息子雄一(岩松了)の頭に対するメタファーとして使われる。わかりやすく言うと、てっぺんに毛がない磯野波平カットなのだ。


雄一は悪い人ではない。うだつの上がらないサラリーマンだ。ペコロス岡野という芸名で音楽活動をしたり、趣味で漫画を描いたりしている。多芸である。認知症の母みつえ、一人息子まさきと長崎で暮らしている。


みつえの認知症は徐々に進行する。汚れ物をタンスいっぱいに詰めたりといった、周辺症状も見られるようになる。雄一はケアマネと相談。悩んだ末に、グループホームに母みつえを連れていく。


一般的に、認知症は治らない病気だ。進行を遅らせることができれば成功である。みつえの認知症はおそらく、進行が速い。雄一のことさえ、わからなくなる。


雄一は会社をリストラされるが、元気だ。似たような境遇にあるヅラの人(竹中直人)と仲良くなる。それと並行して、みつえの過去が紹介される。なかなかヘビーな過去だ。ヘビーな時代だったのだ。


また本作品では、大胆にも、認知症患者の内面に切り込んでいく。そして(大げさに言えば)、その思念を幻惑的に表現する。


ペコロスの母に会いに行く

ペコロスの母に会いに行く

  • 発売日: 2014/08/01
  • メディア: Prime Video



認知症は第二の人生”と知り合いが言っていたことをふと思い出した。