上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『キャノンボール』1981年アメリカ・香港 / 監督 ハル・ニーダム


スポンサーリンク

What's it about ?

草レース“キャノンボール”の全容。

COMMENTS

80年代の映画。81年公開。

最近の車映画に慣れた目で視聴すると、さすがに時代を感じるが、冒頭、黒いランボルギーニカウンタックの爆走はクールだ。いい音させているし、アメリカンな女の子が乗っているところもいい。


キャノンボールはメチャクチャなレースだ。距離は5000km平均時速140キロ。警察に捕まらないで、一着でゴールすれば、優勝。賭けも行われる。


出場者はキャノンボーラーと呼ばれ、一癖も二癖もある。マジメに観てはいけない。これは、おバカな映画であり、牧歌的な作品なのだ。


Wikipediaによると、日本での興行収入は、同年公開された『レイダース / 失われたアーク』『ロッキー3』を上回ったらしい。香港ではこけた(笑)みたいだが、日本ではヒットした。


キャノンボール(吹替版)

キャノンボール(吹替版)

  • 発売日: 2018/11/07
  • メディア: Prime Video


では、キャノンボーラーを紹介しよう。ここで紹介するのは、出演者の一部である。


J.J.マクルーア
(バート・レイノルズ)
救急隊員に変装して参加。
変装したのは取締対策の一環。
マシンはダッジ・トレードマン(救急車)改


フェンダードーム
(サミー・デイヴィスJr.)
こちらは神父を装って参加。
相棒のジェイミー(ディーン・マーティン)は元F1ドライバーという設定。
フェラーリ308GTS


シーモア・ゴールドファーブJr
(ロジャー・ムーア)
ロジャー・ムーアの芸名で007にも出演した英国人俳優。ややこしいが、ロジャー・ムーアシーモアを演じ、シーモアロジャー・ムーアの芸名で活動している。
アストンマーティンDB5


ジャッキーとミスター・ブー
(ジャッキー・チェンとマイケル・ホイ)
日本人コンビという設定で、ハイテク車を使用。全然ハイテクに見えないのは、ご愛嬌。日本車のチョイスがなかなか渋い!
スバル・レオーネ4WD(北米仕様)


ジルとマーシー
(タラ・バックマンとエイドリアン・バーボー)
冒頭のランボルギーニカウンタックを運転していたセクシーな二人組。
お色気作戦で警官の取り締まりを逃れようと画策。


ほかにロールスロイス・シルバーシャドウなんかも登場するが、なんて言えばいいんだろう。このレース、高級車が出る必要はないかもしれない。


ハリウッドと香港映画スターの競演を楽しむことができる映画…ではあるんだけど、ジャッキー・チェンは大して活躍しない。

一応カンフー・シーンが用意されていて、ピーター・フォンダ(カメオ出演)と戦うが、それを観て満足できるファンは少ないと思う。


「編、導、演・成龍」の映画ではないから、仕方ないだろう。


本編とは関係ないけれど、パメラ(ファラ・フォーセット)の歯並びが美しく、色は真っ白で、笑顔が印象的だった。







では、みなさん、どうかよい一日を!!


フォースと共にあらんことを!!