上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『女神の見えざる手』2016年 米仏 / 監督 ジョン・マッデン / 主演 ジェシカ・チャステイン


スポンサーリンク

What's it about ?

やり手のロビイストが強大な敵に挑む。

CAST

エリザベス・スローン / やり手のロビイスト
(ジェシカ・チャステイン)


シュミット / スローンの雇い主
(マーク・ストロング)


エズメ・マヌチャリアン / スローンの部下
(ググ・バサ=ロー)


COMMENTS

ロビイストとは、ロビー活動を行う人のこと。彼らは団体・組織から依頼を受けると、議員に近づいて依頼人の希望に沿うように働きかける。

本作品の主人公エリザベス・スローンは有能なロビイストで、強い。戦う人生を選び、ぼろぼろになりながらも勝ち続けている。話し方が独特で、しばしばテンション・マックスになり、ぎくりとさせられる。とにかく強気である。ジェシカ・チャステインが見事に演じている。配役に間違いはない。





スローンは銃器推進派から依頼を受けるも断り、反対に銃規制強化法案推進派のロビイストとなる。


ボウリング・フォー・コロンバイン』を出すまでもなく、銃社会アメリカにおける銃器関連業界には、とてつもない力がある。スローンの敵は強大だ。敵側のロビイストはかつての仲間で、彼女を本気で叩き潰そうと躍起になっている。


スローンに友達はいない。恋人もいない。たまに男を買う。春を買って、キャリアのために捨てたであろう生活に思いを馳せる。たとえば、家庭…

スローンにとって、全ては仕事のためにある。クールな生き方だ。人の気持ちを踏みにじっても、勝ちに執着する。手段は選ばない。その点は観る人によって、評価が割れるだろう。だが彼女の強さは本物だ。とことん叩かれても、潰れない。


ジャンルはサスペンス。スピーディで、目を離すことができない。目まぐるしい展開。気を抜いたら置いていかれる…という焦燥感を、存分に味わうことができる。まさにサスペンス。ちょっと出来すぎだが、まー、非難するほどでは…



結末を迎えたとき、スローンについてもっと知りたいと思った。過去はもちろん、未来(結末の先)が気になって仕方ない。