上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『モブスターズ / 青春の群像』1991年アメリカ / 監督 マイケル・カーベルニコフ / 主演 クリスチャン・スレーター


スポンサーリンク

NY暗黒街における若きマフィアの台頭、ルチアーノ側の視点から。

感想

登場するのは実在のギャングたちで、“カステランマレーゼ戦争”というNYマフィアの抗争の後までを描いている。とはいえ、あくまでフィクションだ。

ゴッドファーザー』のような重厚な作品ではなく、青春サクセス・ストーリーのようなタッチで、テンポよく物語は進む。

始まりは1910年代。

NYの暗黒街はドン・ファレンザーノとドン・マッセリアに支配されていた。

チャーリー・ルチアーノ(クリスチャン・スレーター)はシチリア移民で、とても貧しかった。這い上がるための選択肢はさほど多くなかっただろう。彼はスラム街で悪さを繰り返す。

映画では紹介されないが、アル・カポネとは少年時代からの知り合いだった。カポネは1920年前後にシカゴに向かう。そして『アンタッチャブル』のロバート・デ・ニーロみたいになるのだが、それはさておき…


ルチアーノは暗黒街で生涯の仲間を得る。仲間とはすなわち


マイヤー・ランスキー

ベンジャミン・“バグジー”・シーゲル

フランク・コステロ


後々大物ギャングになる彼らも若く、スコッチの密売・密造で稼いでいた。禁酒法が廃止されるまで、彼らは酒で富を得た。

ギャングの仕事は、“売る・盗る・撃つ”である。ルチアーノと仲間は仕事に励み、ファレンザーノとマッセリアの間で立ち回り、のしあがっていく。

ちなみにバグジーとは、ラスベガス発展の契機を作った人物である。たぶん先見の明があったのはランスキーであり、バグジー・シーゲルは建設費を流用して私腹を肥やし、多くの人の恨みを買った。

ルチアーノやランスキー、コステロは間違いなく切れ者だが、バグジーは武闘派であり、太く短く生きるタイプの、ギャングらしいギャングだった。
彼の生涯はウォーレン・ベイティ主演で映画化され、当時、かなり話題になった。アメリカでは人気があるギャングなのだろう。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

バグジー [ アネット・ベニング ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/9/30時点)




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

モブスターズ/青春の群像 [ パトリック・デンプシー ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2019/9/30時点)