上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『マグニフィセント・セブン』2016年アメリカ / 監督 アントワーン・フークア / 主演 デンゼル・ワシントン /『荒野の七人』をリメイク


スポンサーリンク

☆七人の男たちが、虐げられた住民を救う。


感想

ストーリーの流れは『荒野の七人』や『七人の侍』を踏襲している。


①まず、住民(農民)が悪役にいじめられる。

②住民は困り果て、強い人を雇う。

③強い人は引き受けて、人を集める。

④七人集まる。

⑤七人の用心棒が住民と決戦の準備をする。

⑥決戦


ざっくり書くと、そんな感じだ。

本作品はアクションにこだわっていて、見応えがある。ナイフ使いはスタイリッシュだし、ガンマンどもの銃捌きはかっこいい。
デンゼル・ワシントンが強すぎても、文句はない。

ただ、心動かす人間ドラマみたいなものは、ない。善きものが多大な犠牲を払って、悪しきものを倒すだけである。そこに物足りなさを感じる。

無理に恋愛やトラウマを詰め込むことはないが、人を集めるところや住民と交流するところに、もう一工夫あってもよかったのでは…と個人的には思った。



要するに、決戦までのプロセスに、惹かれるところは特になく、消化試合でも見させられているような気分だった。

但し、最近の映画にしては珍しく、人がたくさん亡くなるのに、残虐度は低い。その点に関しては、好感を持った。