上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『Meet the Spartans』邦題『ほぼ300』/ スパルタを扱った映画『300』のパロディ / This is Sparta !?


スポンサーリンク

2008年(アメリカ)

監督
ジェイソン・フリードバーグ
アーロン・セルツァー


感想

・元ネタでも印象的だった、子を選別する長老のシーン。この時点で、当作品の特徴が全て出ている。下品で、汚くて、どうしようもなく馬鹿(褒め言葉)。設定・ストーリーは『300』のパロディ。そこに、映画ネタ・ゴシップを、これでもかと放り込んでくる。笑えると言えば、笑える。

・よく言われることだけど、アメリカンに受けても、日本人に受けるとは限らない。特に、子供を徹底的にいびる不謹慎なシーンは、日本の人にはきついかもしれない。これ見て笑えるか、という箇所がけっこうある。

・笑いがストレート。直球。常にまっすぐ。どこまでいっても、それは変わらない。段々、単調に感じられるようになる。作品としても、後半にかけて、ぐだぐだになっていく。ただ、憎めない作品なので、失望感はあまりない。まあいいやと思った。

・それでも、洋画ファンなら、楽しめるところは多い。貞操帯がダイヤル式のロックになっているところは、個人的に面白かった。また、何の恨みがあるのか、某オーディション番組と、ブリトニー、パリス・ヒルトンが、かなりいじられていて笑えた。

・ものまねのクオリティが妙に低い! お下劣ギャグ満載! ボカシ多め!



・個人的には笑えるところもあったし、嫌いじゃないけれど、胸を張って友達にすすめられる映画とは言えない(笑)人を選ぶ作品である。