上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

ジム・キャリー主演『イエスマン“YES”は人生のパスワード』2009年アメリカ / 愛と地位と人望を手に入れるイエス(?)マン


スポンサーリンク

監督
ペイトン・リード

出演
ジム・キャリー / ズーイー・デシャネル


感想

・銀行の融資担当者カール(ジム・キャリー)は、夜な夜なレンタルDVDを惰性で観るような生活を送っている。仲間との付き合いは面倒だと思っていて、避けようとする。
とはいえ、絶縁するほど強く出ないし、人恋しくて元妻に電話することもある。

・そんな折、ある契機があって、カールは〝YESは人生のパスワード〟というセミナーに参加する。このセミナー、なかなか恐ろしい。実生活において、全て、YESと答えなければならないと、主催者は教える。Noと言おうものなら

「Noマン! Noマン! Noマン!」

野次られる。たまったものではない。ぼくだったら、悪態ついて帰っちゃいそうだけど、カールは違う。ここで、変わる。

そう、イエスマンになる。

・カールはYESと言い続ける。ポジティブになり、一風変わった女性アリソン(ズーイー・デシャネル)と出会う。アメリカ映画の十八番、酒場での喧嘩シーンでもYESを貫く。融資を乱発するものの、完済率は98%で、副頭取に評価され、重役になる。

・「…んな、簡単にいってたまるか!」と思うぼくは、Noマンだろうか。宗旨替えしようかな、とかボンヤリ考えていたら、カールの人生にピンチが訪れた。
愛するアリソンに嫌われたのだ。電話にも出てくれない。完全シカト。だが、カールは諦められない。アリソンに電話をかけ続ける(着信拒否)。
その後、アリソンへの愛を実証するかのような元妻との出来事を経て、カールが抱く、YESマンであることに対する疑念が爆発。結果(あえてぼかして言いますが)、盲目的にYESと言うことは間違っている、と気づく。

・ラスト、ホールを埋め尽くす、YESセミナーの受講者達は皆、全裸。カールから、ホームレスへの衣類の寄付を求められ、断れなかったのだろう。前を、手で隠しているのが、面白い(笑)その画を観て、ちょっと考えた。これは

ありのままであれ、という教訓か。

それとも、盲信的なYESマンは身ぐるみ剥がされて終わり、という警句か。

ともあれ…
カールはYESと言い続けて、彼なりの正しい生き方を知り、「仲間」を得ることができた。周りも、ハッピー。アリソンも、かわいい。文句のつけようがない人生だ。彼は正しいパスワードを入力することができたのだ。


※本作品はコメディ映画である。コメディ映画では、プロットの飛躍がよくある。となると、心理描写は当然、粗くなる。ご都合主義的展開で、結末は予定調和との非難を免れない。しかし、それがコメディ映画なのだ。脈々と続いてきたコメディ映画の特質なのだ。