上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『キング・オブ・コメディ』1983年アメリカ / スコセッシ×デ・ニーロ / 下積みコメディアンの狂気


スポンサーリンク

感想

・必死に夢を追うコメディアン志望の30男ルパート・パプキン(デ・ニーロ)の物語。

・過去現在未来が、入れ替わり立ち替わり提示される。未来は空想か…と一瞬思ったが、空想を映像的に描写したシーンが全くない、つまり妄想は妄想とわかるように処理されているので、おそらく未来は実現した現実と言って、差し支えないだろう。

・80年代の街並みがいい。TOSHIBAの看板があったり。個人的には、当時の公衆電話が好きです。

f:id:kaigodays:20190909013628j:plain


・ストーカー女(パプキンの知人)が怖い。とくに、その唇が怖い。彼らはやすやすとラインを越え、狂気のコントが繰り広げられる。

・パプキンは甘美な妄想を体現するため、石のように重く冷たい現実を、(たぶん)社会的に抹殺される覚悟をもって、動かそうとする。パプキンは言う。

「ドン底で終わるより、一夜の王になりたい」

だが、彼は、一夜では終わらなかった。
彼は受けた。大衆に必要とされた。成功すれば、狂気は信念とされ、現実が妄想を超える。