上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『マッドマックス 怒りのデス・ロード』感想


スポンサーリンク

2015年(米豪合作)
監督
ジョージ・ミラー
出演
トム・ハーディ
シャリーズ・セロン

□一言で言えば、世紀末のカー・チェイス

感想

■水とガソリンが超貴重な世界。まさに世紀末的です。世紀末、と言われたら、パッと思い浮かぶような世界観。

■砂漠が素晴らしい。雄大。夜は寒くないの?

■チューブで父搾りのシーン。良い子には見せたくない(笑)

■車が個性的です。『トイ・ストーリー』のシドが作りそうなのも、走ってました。

貞操帯を映画で観たの、初めてかも…

トム・ハーディは声が渋い。

■とにかく、緩急の差が激しい。緩がくると、急が恋しくなる。緩がちょっと緩すぎるかな。

■〝緑の地〟が汚染されたってことは、世界全体が汚染に向かっている、ということだろうか?

自動車整備士だったら、大活躍間違いなし。大型の運転手でも、大活躍間違いなし。ギタリストでも、大活躍間違いなし。美女でも…あ、美女はどこでも活躍できるか。

■ボスがもうちょっと…ラオウとまではいかなくても、もうちょっと…

■マックスと仲間は、ほぼ行き当たりばったり。策士がいたら、もっと楽に…と一瞬思ったが、脳筋だからこそ、かっこいいのかもしれない。



□ストーリーではなく、誰がどういう行動を取って相手を倒すか、倒されるか、という立ち回りを観て楽しむ作品だと思った。立ち回りをここまで縦横無尽に表現し得た作品も、中々ないだろう。