上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『ナイトクローラー』の感想


スポンサーリンク

2014年(アメリカ)

監督・脚本
ダン・ギルロイ

出演
ジェイク・ジレンホー
レネ・ルッソ

☆報道パパラッチ(ナイトクローラー)の成功と闇。

個人的な感想

まず、日本人には、報道パパラッチのことがよくわからないというか。あ、ぼくだけかもしれませんが…

報道パパラッチとは、事故現場や犯罪現場にいち早く、時には警察より早く到着して撮影し、TV局に売り込む仕事。

通称〈ナイトクローラー

日本にはいませんよね? 現場でご遺体を撮影したところで、TV局は買い取ってくれないし、たとえモザイクを入れても放映できないでしょう。

しかし、アメリカ(広いのでなんとも言えませんが都市部?)では、ナイトクローラーが暗躍してスクープをものにしていると思われます。だからこの映画は撮影され、評価されたのだと、ぼくは解釈しました。間違っていたら、ごめんなさい。

内容を端的に言うと、報道パパラッチ・ルイス(ジェイク・ジレンホール)の売り込むネタと売り込み方がエスカレートしていく物語です。ルイスには倫理観が欠如しているけれど、成功に対する執念は見上げたものです。撮れ高のために、ご遺体をいじったり、不法侵入したりします。

ルイスにとって、スクープ(情報)の価値は人命、尊厳、倫理に勝る。倫理観のない人が、倫理を世に問うニュース番組にネタを供給しているという現実…

ルイスは性格上、人を人とは思わないし、平然とTVディレクターのニーナ(レネ・ルッソ)に〝枕〟を要求する。ク◯っぷりが実に爽快。最後まで観れば、ここまでしないと成功できない、のではなく、こういう奴だから成功できたんだと納得できます。

ただ、ルイスは仕事に対して、ひじょうにストイックです。行動力はあるし、能力も高い。ルイスのような人がいるから、特ダネが日の光を浴びることができるのかもしれません。


では、また!