上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『人生、ブラボー!』の感想


スポンサーリンク

監督脚本
ケン・スコット

主演
パトリック・ユアール

・肉屋の配達員ダヴィッドが若いときに、693回も精子提供をした。生まれたのは、533名。そのうち142名が実父の情報開示を求め、訴訟を起こす。ダヴィッドは素性を隠して〝子供〟たちの様子を見に行く。コメディ映画。

個人的な感想

・冒頭、マスター◯ーション!

・カナダの映画だけど、フランス語。ケベック州が舞台でしょうか?

・パトリック・ユアール(ダヴィッド)が、冴えない中年男そのもの。

・〝子供〟の一人はプロサッカー選手。ダヴィッドはスタンドで応援。〝子供〟とわかると、やはり思い入れが違ってくるようだ。ほかにも、多様な〝子供〟が登場する。俳優の卵、薬物に溺れる女子、障害のある青年、観光ガイド、ストリート・ミュージシャン……
ダヴィッドは身元を明かさないで、時には〝子供〟を助けたりする。自分の人生をどうにかしないといけない立場なのに、〝子供〟たちの職場に通って、応援する。
個人的には、プール監視員の青年が好きですね(笑)ダヴィッドが〝子供〟に会いに行くとき、こっちまでわくわくします!

・1hを過ぎた辺りからテンポが急にゆるくなって、コメディ色は薄くなる。そしてその流れのまま、親子のシリアスな物語へと収斂していく。
個人的には前半の早い展開が好きでした。

・コメディ映画は大切なところで笑いに逃げる傾向にあるのだが、この作品は(ぼく的には)オーケー。解決すべきポイントは押さえている。


・ハリウッド版、どうかな…?

・人工授精を巡る問題



では、また!