上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

『アメリカン・スナイパー』の感想


スポンサーリンク

2014年公開

監督
クリント・イーストウッド

出演
ブラッドリー・クーパー
シエナ・ミラー

・狙撃兵クリス・カイルの生涯。

個人的な感想

・特殊部隊シールズのクリス。彼は凄腕のスナイパーとなり、レジェンドと呼ばれるまでになる。

・戦地(イラク)が最も悲惨なのは間違いない。弱い者は殺され、国が荒れる。

アメリカ兵の軽口がイメージ通りで、思わず、にやりとしてしまう。

・現地の人からすれば、アメリカ兵は災厄かもしれないが、本当に悪いのは戦う人々ではない、というスタンスか。

・帰還兵は義足だったり、PTSDに苦しんだり。帰国したクリスはそれを目の当たりにして戸惑う。

・それでもクリスは戦場に舞い戻る。妻の反対を押しきって…

・後半まで、クリスのことを〝戦争に生きがいを求める生粋の兵士〟と捉えていたのだが、どうやらそれは間違いだったようです。

・最後のミッションを終え、兵士をやめたクリス。時おり射し込む戦争体験の影。妻のすすめで、退役軍人の病院へ行く。傷ついた帰還兵との交流を通して、クリスは回復に向かい、家族と幸せな日々を過ごす。そして最期の日…