上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

高校野球・夏の神奈川大会を見て(ついでに映画も)


スポンサーリンク

高校野球のファンは多い。

名門校を観戦したり、出身校を応援したり、有望な選手に注目したり…

もはや日本の代表的な行事の一つといっても、言い過ぎではないだろう。


とはいえ、みんながみんな、野球を愛しているわけではない。

長い時間観戦していることができない人もいるだろうし、野球が好きではない自分のような日本人もいる。


そう、自分はもともと野球に興味がないから、昨日の、甲子園の地区予選決勝も、見たくて見たわけではなく、たまたま見ただけだった。つまり…

TVをつけたら、パッと決勝戦が映ったのだ。


東海大相模-日大藤沢


もう終わりかけで…

スコアは……え

目を疑った。


f:id:kaigodays:20190729021342j:plain


24点?


f:id:kaigodays:20190729021406j:plain


24-1


東海大相模が23点もリードしている。

勝戦でこういうこと、あるんだな…

野球の素人でも、大変な点差ということはわかった。そっとTVを消した。


野球の盛んなある高校では、野球部を応援する練習を強制的に行う。応援団の先輩が教室にきて、偉そうに無関係な我々に興味もない応援歌を歌わせる。おれはそれが大嫌いだった。今だったら、しかるべきところに出て訴えたいところだが、当時はさぼることしかできなかった。


彼ら野球部員は今頃、何をしているんだろう。

ちなみに、甲子園には出場できなかった。

今でも野球をやっているのだろうか。



※この記事を書いていて、『エイトメン・アウト』を思い出しました。

監督
ジョン・セイルズ

出演
ジョン・キューザック
チャーリー・シーン

・1919年のワールド・シリーズで起きた八百長事件により、ホワイトソックスの選手8名がメジャーリーグから永久追放される。日本未公開。



夏の神奈川大会の結果



では、また!