上空でクロール

介護福祉士による雑記ブログ。主に、映画・本・時事。目標は1000記事。書きたいときに書き、休みたいときは休む。線路は続くよ、どこまでも。

親愛なる隣人『スパイダーマン』の感想


スポンサーリンク

2002年公開
監督 サム・ライミ
主演 トビー・マグワイア

☆蜘蛛男が世界を救う。


個人的な感想


・典型的ないじめられっ子が主人公。秀才だけど内気。彼がヒーローになる。親愛なる隣人、スパイダーマンだ!

アメリカのハイスクールには、大抵、ジャイアン的ないじめっ子がいる。根拠は、ありません。

・『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のビフを思い出した。

トビー・マグワイアも、科学者役のウィレム・デフォーも、かなりマッチョです。

・伯父夫妻に育てられていて、あまり裕福ではない地区に住んでいる、といった境遇と環境の描写は大切なんだ、きっと。

J・K・シモンズパワハラやらせたら最強w
『セッション』の鬼教師役もすごかった!



・ヒロインて、おばはん? ごめんなさいでも素敵です恋愛体質万歳!

・恋愛パート全て。

・治安、悪すぎ…



では、また!